スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心田庵 (長崎市指定文化財)史跡

Category : ぶらり長崎
11月21日

昨年は訪れた時は少し時期が遅く、茅葺建物の前のモミジは落葉していたので
今年は早めに出向いてみた。

入り口の茅葺門をくぐり右へ進むと、見事な庭園が広がる。
モミジも良い具合に色づいていた。

DSC_7463_convert_20131122205445.jpg




夕刻、薄茜色の西陽を受けると黄紅色に透けたモミジ葉が落ち着いた
和の佇まいを醸し出していました。

DSC_7428_convert_20131122205559.jpg




庭園の命、苔に囲まれたモミジ
DSC_7450_convert_20131122205515.jpg




          茶 室 (お茶会も行われるそうです)
          DSC_7458_convert_20131122205706.jpg





茅葺建物の中から庭園を眺めると……
和室に置かれた和式テーブルの表面に逆さモミジが出現。

昨年の写真にこのアングルがあり、今年は絶対カメラに納めようと
人影が切れるのを待ってシャッターを切ってみました。
DSC_7365_convert_20131122205829.jpg






和の雰囲気を更に上げるために茶道の先生に入っていただきました。^-^

(お忙しい中、ご協力ありがとうございました)
DSC_7404_convert_20131122205857.jpg



以下、現地受付で頂いた冊子より抜粋です。


寛文8年ごろ、何兆晋(かちょうしん)が別荘として心田庵を建てる。

長崎の茶道において重視された由緒があり、「心田菴記」や「心田菴図」などの
資料が残されている。

平成25年2月に長崎市の史跡に指定。

心田庵の名
人は地位や名誉、財産などより、「心の田畑を耕す事が最も大切である」
との意味から名づけられたものと察せられている。







スポンサーサイト

テーマ : 紅葉
ジャンル : 写真

グラスボードペンギン号乗船

Category : ぶらり長崎

今年から運行が始まったペンギン号。
DSC_0178_convert_20110807103541.jpg


ペンギン水族館第二駐車場から入り、網場漁港の防波堤の片隅に
乗船口があります。

大人1000円。
3歳以上中学生以下500円
3歳以下は無料
DSC_0185_convert_20110807104140.jpg
ちょっとお高め…
と感じつつ乗船。



こんなサービスも…。
回航地図の見方や橘湾の海深を部分的に説明してくれたり…。

DSC_0009_convert_20110807103803.jpg

身近な海を知るという意味ではなかなか良い体験でした。


出港後は後のアップで…。





テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

初めての上陸

Category : ぶらり長崎

長崎に在住して未だ一度も行った事の無い伊王島へ
先月下旬に開通した伊王島大橋を渡って初上陸してきました。

DSC_0128_convert_20110412173803.jpg



子供たちと弁当を持ってシーサイドコテージの中庭へ…。
DSC_0022_convert_20110412173139.jpg



ここで昼食をとりました。
DSC_0025_convert_20110412173409.jpg



海の見えるコテージ。
素敵な空間です。
DSC_0112_convert_20110412173722.jpg



この日は、とりあえず伊王島へ上陸してみようと来たので
滞在時間は約1時間。
ここに住み着いている猫とたわむれて帰りました。
DSC_0027_convert_20110412173506.jpg


次はゆっくりと時間をとって家族全員で散策してみたい…。

そんな雰囲気の島でした。




テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

風頭公園 龍馬像21周年

Category : ぶらり長崎
          騾包スサ陷偵・+590_convert_20100522204641_convert_20100522214654



          5月22日。
          今日は、朝からどんより空模様。
          ちょっと蒸し暑かったですね。
          今夕から月曜日までは雨の予報。
          いよいよ本格的に降りだしそうです。


          明日は、21年前に長崎で最初に造られた坂本龍馬像の
          台座の下に埋められていたタイムカプセルが開けられるそうだ。
          タイムカプセルといっても、龍馬が生きていた
          時代のものではなく、この像が造られた21年前に、
          当時の寄付者4000人の名簿、ハッピ、手ぬぐいなどを
          納めているようだ。

          21年前、長崎になぜ高知出身の龍馬の銅像など
          造る必要があるのか…。
          などの批判がある中で、やっと集まったのがこの
          4000人の寄付者。
          当時、このタイムカプセルは、20~30年後に
          開けようと漠然としたものだったようだ。
          そして今年長崎は、この4000人の心の花が開花したかのごとく、
          長崎は空前の龍馬ブームで盛り上がっていて、
          この銅像の周りもたくさんの人が訪れています。

          この4000人の寄付者たちに、坂本龍馬の魅力は?
          と尋ねると、ほとんどの人が、「和の心を持って
          時代を築こうとしたところだ」と答えるそうだ。
          幕末の日本。まだ武力で統率を図っていたこの
          時代に、和の心をもって日本を変えていこうとした龍馬の志は
          今も根強くファンの心にあるのだと改めて感じた。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

もう一つの龍馬坂

Category : ぶらり長崎
上野彦馬宅跡(新大工)から寺町通りへ行かず、途中左折をして上っていくと、
この標識がある。
DSC_0027_1_convert_20100502193230.jpg



        すぐそばに龍馬ゆかりの料亭だった藤屋跡があります。
        現在は私有地になり家が建っていて、敷地内は許可無く入ることは出来ません。
        1865年から西洋料理を手がけて、幕末の長崎を代表する西洋料理屋だった
        という料亭藤屋。
        イギリス商人のグラバーや土佐藩主の佐々木三四郎なども得意客だった
        ようです。
          DSC_0035_1_convert_20100502200047.jpg



          ここからは鳥居を潜り若宮通りを上って行く。
          DSC_0037_1_convert_20100502200227.jpg

          若宮稲荷神社(伊良林稲荷神社)の鳥居が並ぶ。
          ここの神社では、10月の長崎くんちの後にあの有名な
          竹ん芸が行われますね。
          DSC_0028_1_convert_20100502194201.jpg


今日は、右折して再度亀山社中方面へ…。
DSC_0042_convert_20100502200333.jpg



        途中、龍馬の残り香・亀山香のお店が…。(草野商店さん)
        詳しくは
        http://www.nagasaki-np.co.jp/press/ryoumaugoku/kikaku4/12.shtml
        で検索できます。
            DSC_0063_convert_20100502200743.jpg



今日のもう一つの目的は、この猫たち。
長崎がルーツだという“尾曲がり猫”を探してみた。
日本「長崎ねこ」学会がホームページ(http://www.nagasakineko.com) に 
~尾曲がり猫を探せ~ という画像などの情報募集の投稿ページがあったので
カメラに納めようと探してみたが…。
DSC_0044_convert_20100502200530.jpg

そんなに簡単に見つかるほど甘くはなかったですね。
これからは、猫を見るたびにシッポを目で追いそうです。^^;

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

プロフィール

D70s Yasu

Author:D70s Yasu
愛用機種
Nikon D7000
Nikon D70s


双方の機能を使い分けて幅広い
シーンの一コマを追いかけてます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
季節の植物
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Nikon D70s 写風思想