スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マナヅルを求めて…。

Category : 生き物
1月10日。

そろそろシベリア~出水を渡る鶴が立ち寄る頃だと…。
諫早干拓(森山町)へ出向いてみた。

時折、粉雪が舞う曇天模様。
せっかく来たので広大な干拓地をゆっくりゆっくりと車走らせる。


干拓農地は、鳥たちにとって地中やクリークの中など餌の宝庫で、
いろんな鳥たちが集まっています。



イソシギ
DSC_0074_convert_20110110193452.jpg


ツグミ
DSC_0133_convert_20110110200501.jpg


タゲリ (私にはお初のお目見えです^^)
DSC_0104_convert_20110110195306.jpg


アオサギ
DSC_0093_convert_20110110195112.jpg

この他、カラスの大群、メジロ、セキレイ、ヒバリ、ムクドリなどを見かけました。






そうしているうちに、マナヅルの群れが飛来してきました。

(曇天に18mm-270mm+テレコン×1.4使用ですので、多少荒い画像をお許し下さい・・・。) ^。^;;
DSC_0042_convert_20110110193320.jpg


DSC_0078_convert_20110110194213.jpg

昨年、1月の下旬に来た時は40羽ほどが集まっていましたが、ちょっとまだ早いのかな…。
この日確認できたのは、9羽でした。

DSC_0188_convert_20110110195636.jpg

非常に警戒心が強く、50m~60mまで近づくと逃げの体制。
それから一歩でも近づくと…。

DSC_0198_convert_20110110200757.jpg

こんな感じです。^^;




アクセスは…。



車で行かれる方は、ツルを刺激しないよう徐行でゆっくりそろりとお進み下さい。^^;




スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

Comment

お~~

あのあたりだ~~って
よくわかります(^o^)

鳥撮り
600ミリが必要っていうのが,この記事からもよくわかりますよねえ。

撮影,お疲れ様でした!

No title

マナヅル綺麗ですね~
今度行ってみようかな?でも望遠が無い…
う~ん、鳥の撮影って難しそうですね。

No title

いま開門か推進かで揺れている干拓地ではなく、昔からある土地ですね。
鳥たちも人工的な産物よりも今までの風景がしっくり来るのだと思います。
自然を破壊した以上。
元に戻るにはものすごい月日が必要だと思います。

見切り発車的な態度が見て取れました
あのギロチンには。
なんとしても計画続行と言う感じでした。

JOKERさん

鳥インフルエンザがちょっと気になりましたが、
思い切って行ってみました。(^。^;)
ホント、レンズの底なし沼にハマりそうです。

20世紀末男さん

小鳥の撮影はかなりシビアですが、
鶴などの大型の鳥は、動きが
比較的ゆっくりなので、
ファインダーに納めるのは
困難ではないと思います。
ズームは、時間をかけてゆっくりと
40m~50mくらいまで寄れば、
300mmクラスでも十分イケそうです。
群れの数がもっと増えると
いろんなアングルが楽しめると思いますね。
今月下旬頃までは滞在すると思いますので、
天気の良い日を狙って行かれてみては…?!

やまとたけるさん

諫干事業な関しては、昨年の某新聞にも
記事になりましたが、
背景に莫大な利権が
法の抜け穴をすり抜けたように
隠れていますね。
自然を破壊したのみならず、
ある親族の懐が膨らんでいるわけですから…。
この事業は、原点に還れば、
この利権を得たところに
責任の追求をする必要が
あるのではないかと
私は思っています!

No title

タゲリですか僕も見たことありません。

初めて出会う鳥に出くわすと焦って逃げられたりもします。

マナヅルは、こっちも何年かぶりに二羽ほど現れたそうですが、場所が分かりません。

そういえば鶴って、まだ一回もみたことないです。

とりあえず、適当にドライブがてら狙ってみようと思います。

mtcurtainさん

単焦点について…。
これまで使用した経緯からですが、
望遠との比較です。
被写界深度の浅い単焦点は、
ピントはブレにくいが、
位置がズレやすい。
逆に深い望遠は、位置はズレにくいが、
ブレやすいと感じています。
つまり、深度が浅ければ浅いほど、
撮影距離の変化にシビアだと
いうことになりますね。固定された被写体を撮る場合は、
カメラがズレなければ
比較的楽にピント位置も定まりますが、
動く被写体はピントが合った時点で
シビアにシャッターを切らないと
ピント位置がズレやすいとも言えると思います。

No title

マナヅル綺麗な容姿ですね~
鳥さん撮りを本格的にやると400mm以上の明るいレンズが欲しくなりますネ!
そんな資金が・・・

chacha○さん

まさに!
そこなんですよね~。
タバコ一年我慢しても買えそうにないです!(^。^;)

こんばんはです。^±^ノ

コメントが前後しちゃって申し訳ありません。^±^
鳥たちは、元気ですね。^±^ノ
また、いろいろな種類がいるんですね。^±^
非公開コメント

プロフィール

D70s Yasu

Author:D70s Yasu
愛用機種
Nikon D7000
Nikon D70s


双方の機能を使い分けて幅広い
シーンの一コマを追いかけてます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
季節の植物
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Nikon D70s 写風思想