スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雲仙散策

Category : 季節の植物
5月27日。
久々の木曜日の休日。
朝は曇り空。
昼前から晴れ間が覗いてきた。
気温は22℃。
長袖では暑いくらいの気候。

雲仙方面へ行く事にした。

出発前の立体駐車場ではイソヒヨドリの番が、雛たちへの餌運びに励んでいた。^^
DSC_0066_convert_20100512183034.jpg

ツバメの雛と比べると、くちばしが少し長い。
非常に警戒心の強いイソヒヨドリは、こんな隠れた場所に巣をつくる習性があるらしい。
DSC_0201_convert_20100510200519.jpg





長崎を出発し、今回はR57の千々石木庭交差点から登山道へ入る。

この時季眺めたい景色…。
DSC_0010_convert_20100528222958_convert_20100603185641.jpg


棚田百選に選ばれている千々石棚田の里。
県道128号線の棚田の里展望台からのロケーションです。
DSC_0011_convert_20100603185731.jpg


更に登って行くと、新緑の山間から橘湾が開けてくる。
隠れた絶景ポイントかも…。
DSC_0027_convert_20100603185900.jpg


雲仙の温泉街を抜けて、仁田峠循環自動車道路へ。
昨年から無料化したのに…、何故か旧料金所前には
「100円を目安に、心ばかりの通行料金を…」と書かれた看板が。
こんな事なら無料化なんてしなけりゃよかったのに…。
言うまでも無く、料金を入れて通過するドライバーは少ないようだ。

一気に仁田峠展望台まで走る。

展望台より中央左が深江活断層、右が布津活断層、有明海を挟んで奥が熊本三角半島。
DSC_0028_convert_20100603190005.jpg


普賢岳山頂付近には厚いガスがかかっていた。
現在は斜面に苔も生えて穏やかな普賢岳だが、19年前はこの斜面が溶岩の滑り台だった。
DSC_0031_convert_20100529230539.jpg


仁田峠に到着。
気温は11℃。
麓との気温差11度! 寒い!!
ヤッケ一枚持って来ててよかった。^^;
DSC_0032_convert_20100530222721.jpg


この時季は、ミヤマキリシマが満開。
DSC_0037_convert_20100530234521.jpg


ロープウェイ乗り場横からミヤマキリシマの群生の中を進み…
DSC_0143_convert_20100530222349.jpg


妙見岳中腹まで徒歩で登る。
見下ろせばこんなロケーションです。
DSC_0118_convert_20100530222551.jpg


デジタルでは、この手の色は実際の色が出にくい。
露出を上げ過ぎると色飛び、下げ過ぎると重い色になる。
この時は露出を上げたが、幸いにもガスが直射をうっすらと遮ってくれていて、
色飛びは最小限に抑える事が出来たと思う。
DSC_0147_convert_20100530222052.jpg


こんな珍客もいました。
元気よく鳴いていましたが、ウグイスって鳴く時は羽を半開きにして、
体を震わせながら鳴くんですね。
DSC_0163_convert_20100530221907.jpg


DSC_0199_convert_20100530221733.jpg

DSC_0212_convert_20100530221237.jpg
この妙見岳の斜面は、10月~11月になると紅葉が見事に色付く。



温泉街まで下って、原生沼へと向かう。
これは、何の木だろうか…。
DSC_0233_convert_20100531202908.jpg

この木には、こんな花が咲いてました。大きさは5mmくらいでしょうか。
DSC_0231_convert_20100531202944.jpg



更に進むと、原生沼に出た。
DSC_0247_convert_20100531202558.jpg


この時季は、カキツバタが咲き始めていました。
DSC_0241_convert_20100531202627.jpg

この日は、山のおいしい空気をいっぱい吸いながら、山歩き散策で良い運動になりました。^^;



帰宅後、自宅のバルコニーから外を眺めると、満月が出ていた。
DSC_0005_convert_20100527221319.jpg
久しぶりの充実した休日だった。
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

Comment

写真三昧の休日でしたね。
棚田も夏ごろには緑の穂が盛るんですね。

雲仙のミヤマキリシマもちょうど見ごろでよかったですね。
自然のパワーが伝わってきました。

そうですよね。実際取り込んだ写真を見てみると、あまりぼんやりとしか色が出ないものです。

特に、周りの景色を背景に入れると、ミヤマキリシマの色が飛んでしまって、花弁一枚一枚の輪郭がなくなってしまいます。

ちょっと離れてピンク色を前面に押し出した撮影方法しかできないのかな?

やまとたけるさん。
棚田展望台は、この時期の晴天日の夕刻(18:00~19::00)に行くと、茜色に染まる景観が楽しめるようです。

mtcurtainさん。
淡い色の花の群生を撮る場合は、直射より
朝か夕刻の太陽の角度を利用して微かな花の陰で輪郭を出す方法もありますね。
非公開コメント

プロフィール

D70s Yasu

Author:D70s Yasu
愛用機種
Nikon D7000
Nikon D70s


双方の機能を使い分けて幅広い
シーンの一コマを追いかけてます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
季節の植物
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Nikon D70s 写風思想