スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹ン芸「たけんげ」 2010 (若宮稲荷神社)

Category : 長崎の祭り
10月14日。

長崎でおくんちが終わった後の祭りといえば“竹ン芸”。


「竹ン芸」
若宮稲荷神社で毎年10月14日、15日の例大祭の時に奉納される長崎市無形民俗文化財で、
200年以上の歴史があります。

秋空の下、14:00から今年最初の竹ン芸が奉納された。
DSC_0013_convert_20101022162446.jpg

        DSC_0010_convert_20101022162629.jpg



唐笛、締め太鼓、三味線のシャギリ(お囃子)が鳴り出し、
「よいしょ!」のかけ声の中、先ずはかわいい子狐が登場。^^
DSC_0018_convert_20101022162718.jpg



次に小学6年生の子狐が高さ約8mの竹の天辺から撒き物(縁起物)を撒きます。
子狐は6年生まで。今年が最後の子狐役です。
DSC_0037_convert_20101022162854.jpg

DSC_0042_convert_20101022164306.jpg





続いていよいよ…。
(竹に登る前に手足を清めています)
DSC_0044_convert_20101022163006.jpg



         雄狐の登場。
         DSC_0048_convert_20101022163651.jpg


         この先、数々の技が披露され、その都度技の名前を
         アナウンスされていましたが…。


         私はシャッターを切るのに夢中で、ちくわ耳状態でした。^^;         
         DSC_0051_convert_20101022163824.jpg

         DSC_0058_convert_20101022173030.jpg

         時折、動きに合わせたように口が微かに開く顔の表情も画になります。

DSC_0056_convert_20101022172637.jpg

         ここで雌狐も登場。

         DSC_0054_convert_20101022172524.jpg

DSC_0061_convert_20101022173236.jpg

         雌竹での技を披露

         DSC_0076_convert_20101022173414.jpg


         雌狐が雄竹(左)と雌竹(右)に橋架け、
         それに雄狐がぶら下がる。
         DSC_0090_convert_20101022173611.jpg

         この2本の竹は、10m以上の高さがあります。
         すごい大技ですね!        

         DSC_0093_convert_20101022173735.jpg

         DSC_0125_convert_20101022174210.jpg


おおおっ!竹の天辺に腹這い…。
DSC_0096_convert_20101022173833.jpg

DSC_0107_convert_20101022173948.jpg




         最後の撒き物は、ニワトリ。
         こんなデカイ物を腹の中に入れて芸をしていたんですね。
         去年は真っ白なニワトリでしたが、今年はこの色。
         毎年違うんだろうか…。
         DSC_0140_convert_20101022175043.jpg

         DSC_0149_convert_20101022175240.jpg

         撓る竹!!!
         下で見上げる観客からは悲鳴にも似た声が…。^^;

         DSC_0158_convert_20101022175350.jpg


         足だけを巻きつけて……
         DSC_0164_convert_20101022175427.jpg

         急降下っ!        

         DSC_0165_convert_20101022175643.jpg

         DSC_0167-1_convert_20101022175737.jpg



DSC_0188_convert_20101022180743.jpg

雄狐、雌狐を演じた光島さん兄弟。
満面の笑みのお兄さんは今年で引退されるそうです。
命がけの名演技、大変お疲れ様でした。

DSC_0174_convert_20101022180027.jpg


竹ン芸の狐の練習期間は、おくんちが終わってから約5日ほどしかないそうです。
毎年行われているとはいえ、この芸は凄いとしか言いようが無い!

竹は、しなやかで真っ直ぐ15m以上伸びているものを選定しなければならないので、
なかなか簡単には見つからず、時間がかかるみたいですね。
今年の竹は、東彼杵からの奉納だったようです。






         運良く撒き物を掴まれた人はこの笑顔。^^
         餅と手ぬぐいが入っていました。
         DSC_0185_convert_20101022180620.jpg

そして最も運良くニワトリを掴んだ人には、TVインタビューやシャッターの嵐。
DSC_0169_convert_20101022175949.jpg



NBCの大倉アナは、奥様方に写真をせがまれ…。
DSC_0186_convert_20101022180653.jpg


おやっ!
この大男
もしや、河○俊○さん??
DSC_0183_convert_20101022180233.jpg


あらま、こちらは三○さん?! (^O^)ゝ
DSC_0184_convert_20101022180451.jpg
TV収録でお越しのようでした。^^;



         今年も達人芸を堪能しました。
         夜の部もあり、暗い中ではまた違った魅力があるようですね。
         DSC_0193_convert_20101022180905.jpg

         幕末、祭りどころじゃないと、亀山社中で商いに
         暮れていた龍馬も、このシャギリの音に釣られて
         ブーツをツカツカと鳴らしながら颯爽と見に来たとも
         伝えられているようですね。^^
                          
         DSC_0191_convert_20101022180829.jpg


         龍馬も見たか“竹ン芸”

スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

Comment

私も

みたか~~!いいですね
雰囲気伝わりました。
流石です。
ありがとうございます(^o^)

いいですね~

素晴らしい記事ですね~
私も行きたかったな~

まだ一度も見たことがないので、来年は行ってみたいです!

背景に雲が少しかかっていたようですが、空の色と狐の白色が良く自然色になってますね。

昨年、僕は背景色にとらわれすぎて大失敗しましたからね・・・・。

お互い昨年に比べたら腕は、確かながら上達しているのでしょうね。

四隅がケラレてるのは、プロテクター付けたままPLフィルター付けているとかではないですか?

JOKERさん

日ごろはひっそりとした神社ですが、このときばかりは
人で埋まり活気付きますね。
伝統の技、ここにありですね。

20世紀末男さん

おくんちは時間に追われましたが、この日は、
早めに現地に出向いて余裕を持っていたせいか、
数多くのシャッターチャンスにめぐり合えたように感じます。
1時間足らずの芸ですが、真下で見るとなかなかの
迫力ですね。
夜の部の方が好きだというファンも多いようです。
来年は是非行ってみてください。^^

mtcurtainさん

この日は、PLフィルターは使用していません。
最後の2枚は、Lawモード編集でノスタルジック風に
アレンジしているため、四隅がケラレているようになってます。
しかし、この後白木峰での撮影時はおっしゃるとおり
プロテクターの上にPLフィルターを装着したため、
もろにケラました!^^;

竹ん芸ですね。
平日にあることが多く。また長崎くんちで休みを使ってしまうので、なかなか行けません。
若宮稲荷は行った事がありますが、あの狭い境内でそんな場所何処にあるんだろ?ぅって感じです。

わたしも行った気分にさせてくれる写真でした。
どうもありがとうございます。

やまとたけるさん

やまとたけるさんのおくんちにかける情熱は、ブログに良く表れていて
私なんかは本当に勉強させていただいてます。
これからもその他の長崎の知識を吸収したいと思います。
よろしくお願いいたします。^^
非公開コメント

プロフィール

D70s Yasu

Author:D70s Yasu
愛用機種
Nikon D7000
Nikon D70s


双方の機能を使い分けて幅広い
シーンの一コマを追いかけてます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
季節の植物
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Nikon D70s 写風思想